知っておきたい「よい歯科医師」の選び方

認定書

インプラントの担当医を選ぶ時「判断基準がわからない」という方が多いと思います。歯科医師を選ぶポイントは「安全性・知識・資格」の3つ。インプラント治療の知識が豊富で、学術団体等が定める認定医や専門医等の資格を有し、安全で確実な治療ができるかどうかが目安になります。この3つがすべて揃って、初めて「よい歯科医師」といえます。

【1】安全性
一番に考えていただきたいのが安全性です。ひとえにインプラント治療といっても、骨や顎、咬み合わせ、口腔内の状態によって様々な術式があり、その中から患者さまにとってもっともリスクの少ないインプラント治療が提案できる歯科医師が、よい歯科医師です。術前検査から始まり、口腔内環境の改善、専用オペ室、感染対策、術中の危険を回避する取り組み、術後のメインテナンスも含めて確認するといいでしょう。

【2】知識
知識が豊富な歯科医師は、治療内容や治療の流れ等、あらゆることを想定して的確に説明して、患者さまの不安を取り除きます。デメリットも認識しているので、リスクの少ない治療を考えるようになります。検査結果をもとに様々な角度から診断できるので、患者さまにとって最善な治療を提案できます。不安や疑問にも即座に答えることができ、適切なアドバイスもできるので、安心して任せることができます。

【3】資格
様々なインプラント学会があり、学会によって専門医、認定医制度も様々です。日本において厚生労働省が認めているインプラント学会は「日本口腔インプラント学会」のみです。
日本口腔インプラント学会等、各学術団体で設けている認定医(専門医・指導医も含む)制度は、インプラント治療についての知識や技術、経験年数など、一定の要件を満たしていないと取得することができません。また取得していても有効期間があり、更新するには学術団体や論文での研究発表が必要です。認定医・専門医・指導医の資格は歯科医師が日々、インプラント治療の研鑽を重ねている「証」となります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております