当院の口腔疾患の治療について

当院では、口腔疾患の早期発見・治療に努めています。口腔がんや良性腫瘍等、大学病院での全身管理が必要な場合は、連携大学病院にご紹介いたします。

<口腔疾患外来で診断できる口腔内の病気>
・親知らずの抜歯・顎関節症・口内炎・ドライマウス
・舌小帯短縮症の治療・口腔腫瘍・良性腫瘍の早期発見 

●親知らずの抜歯
親知らずは顎骨の中に埋まり真っすぐに生えてこない場合や、神経や血管に近接している場合が多いので、CTで状態を確認してから抜歯を行います。経験豊富な口腔外科医が担当しますので、痛みや腫れの少ない安全な抜歯です。

●顎関節症の治療
顎関節症は、食事の際や顎を動かすと顎関節の痛みや口があかない等の違和感等が現れる疾患です。正確な診査診断を行った後に病状をきちんと説明し、治療計画を立案して治療を進めます。

●口内炎の治療
口内炎にはストレスや生活習慣、ウィルス、アレルギー等の様々な原因があり、重大な病気の前兆として症状が現れる場合もあります。口内炎の治療はもちろん、他の病気が隠れていないか等も診断いたします。

●ドライマウスの治療
ドライマウスは唾液の分泌量が減る疾患です。唾液の量が少なくなると、むし歯・歯周病、味覚障害、嚥下障害等を起こしやすくなります。口腔内の診査と唾液分泌量の検査を行い、原因を突き止めて適切な処置をいたします。

●舌小帯短縮症の治療舌小帯短縮症
舌小帯短縮症は、舌の裏と口の底に伸びているヒダが生まれつき短い症状です。舌をスムーズに動かせず、滑舌が悪かったり舌がもつれたり早口言葉が上手く言えない、といった症状があります。軽度の場合は舌を動かすトレーニングを行って改善を図りますが、重度の場合は外科的手術が必要になります。

●口腔がんの診断
口腔がんはお口にできるがんの総称で、舌がん、歯肉がん、口唇がん、硬口蓋がん、頬粘膜がん、口腔低がんなどがあります。口腔がんの疑いがある場合は病理に出して細胞診を行い、精密検査が必要な場合は提携の大学病院に紹介いたします。

「口腔外科」はこちら

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております