なるべく削らない、抜かない、再治療の少ない治療

一般歯科

むし歯の治療をする前に、多くの方が「なるべく削って欲しくない」「どんなに悪くても、抜かないで治療して欲しい」とおっしゃいます。「歯」は一生使うものだから最後まで残しておきたい、という気持ちになるのは当然だと思います。当院のむし歯治療の治療方針は、今ある歯をなるべく残す、再治療の少ない治療です。

むし歯治療をしても元の状態に戻ったわけではありません。新しいむし歯ができると再治療になり、削る量がどんどん増えて、神経も取り除くことになります。初期治療をいかに確実に行うかで、予後が大きく変わってきます。今ある歯を最大限に残すためにも、当院ではなるべく削らない、再治療の少ない治療に取り組んでいます。

なるべく削らない治療の取り組み

なるべく削らない治療むし歯の削り残しがあると、そこから細菌に感染して新たなむし歯ができる恐れがあります。それを防ぐには、健康な歯質を残して悪い部分だけを確実に削って神経を残すことです。当院ではなるべく神経を残すために拡大鏡やむし歯検知液、MIバー等を使い、確実で削り残しの少ない確実な治療に努めています。

拡大鏡で確実にむし歯を取り除く
拡大鏡をメガネのようにかけて使用する拡大レンズです。小さなむし歯は健康な部分と識別が難しく、肉眼だけでは削り残してしまう恐れがあります。拡大鏡を使用することで、むし歯と健康な歯質の境目がはっきりわかり、悪い部分だけを確実に取り除くことができます。削り残しがなくなることでむし歯の再感染リスクが低下して、再治療の防止につながります。

むし歯検知液で悪い部分だけを削る
むし歯検知液はむし歯だけに反応する薬剤です。歯を削る前に塗布すると感染部が染まるので、それを目安にして削ることでむし歯だけを確実に削ることができます。小さなむし歯は健康な歯質との境目がわかりにくく、再感染を防ぐには大きく削らなければなりません。むし歯検知液を使用することで、削り過ぎや削り残しを防いで、悪い部分だけを確実に取り除くことができます。

●MIバーなるべく削らない治療
MIバーは、歯を削る時のドリルの先端に取り付ける小さな器具です。通常のバーは先端部分のボディーが太く、むし歯の深さによっては確実に削るのが難しくなります。MIバーは先端のネック部分が細くなっているので、むし歯を楽に削れます。また最近では、むし歯だけを削り健康な歯質は削れないMIバーもあり、削り残しの少ない治療が可能になりました。

なるべく歯を残す治療「根管治療」

根管治療どんなに歯を削らない、神経を残す治療と言っても、痛みや根の中に感染が広がってしまうと根管治療を行わなければなりません。

むし歯が悪化して根の部分にまで感染が広がると、通常のむし歯治療では治療が困難になります。重篤化したむし歯を残すための治療が根管治療です。根の中の汚れや細菌をキレイに取り除くことで、歯の寿命を引き延ばすことができます。最後の砦ともいわれる治療ですが、再発率が高いため、いかに的確な処置を行うかでその後の予後が大きく変わります。当院では、根管治療の専門医が行う治療が根管治療の基本と考え、特殊な溶解剤や密封性の高いセメント等を使用した、質の高い根管治療を行っています。

根管治療が必要な症状
●むし歯が進行して激しい痛みがある場合
むし歯が進行して激しい痛みが出てくると、すでに神経に細菌が感染しているケースが多いです。そのため神経を取り除く抜髄処置をしてから、根管治療で根の中をキレイに消毒します。

●神経が壊死して、噛んだ時に痛みがある場合
神経が壊死して細菌が根の先まで広がると、噛んだ時に痛みが出てきます。痛みを取り除くために、根管治療で根の中をキレイに消毒します。

●根の先に膿が溜まっている時
神経が死んだあと、根の先に膿の袋ができます。進行すると腫れや痛みが現れるので、根管治療で根の中の細菌を取り除いて消毒します。

なるべく抜かない治療

なるべく抜かない治療今ある歯をなるべく残す最大限の努力をしていますが、歯の状態によっては必ずしも残すことがベストとは限りません。残しておくことで、周りの歯や骨にダメージを与えることがあるからです。

当院ではむし歯の状態をきちんと診断し、治療が可能かどうか正確に見極めた上で、最善の治療を提案します。治療が難しいと判断した場合は、抜歯をご提案する場合もあります。その場合は残しておくことのリスクをきちんと説明し、患者さまに十分に納得していただいた上で抜歯をいたします。お口と全身の健康を考えた上でのご提案ですので、ご理解いただけると幸いです。

最低でも「一人30分」余裕を持たせた診療で確実に治療をします

一般歯科当院では、再治療の少ない確実な治療を目指しているため、お一人さまあたりの診療時間は、最低でも30分お取りしております。その日の治療内容によっては、1時間~1時間半と長めにお取りすることも珍しくありません。お急ぎの方には長く感じられるかもしれませんが、十分な時間を取らないと時間に追われてしまい、処置がおろそかになってしまいます。十分な時間を取ることで歯科医師とスタッフの心に余裕が生まれ、細かい部分まで目が届くようになり、一つひとつの処置が確実でていねいになります。また1回の治療で多くのことができるようになるので、治療の質が高まって長持ちする治療につながります。一人ひとりに時間をかけた診療で、再治療の少ない治療に取り組んでおります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております