なるべく歯を残す治療「根管治療」

根管治療どんなに歯を削らない、神経を残す治療と言っても、痛みや根の中に感染が広がってしまうと根管治療を行わなければなりません。

むし歯が悪化して根の部分にまで感染が広がると、通常のむし歯治療では治療が困難になります。重篤化したむし歯を残すための治療が根管治療です。根の中の汚れや細菌をキレイに取り除くことで、歯の寿命を引き延ばすことができます。最後の砦ともいわれる治療ですが、再発率が高いため、いかに的確な処置を行うかでその後の予後が大きく変わります。当院では、根管治療の専門医が行う治療が根管治療の基本と考え、特殊な溶解剤や密封性の高いセメント等を使用した、質の高い根管治療を行っています。

根管治療が必要な症状
●むし歯が進行して激しい痛みがある場合
むし歯が進行して激しい痛みが出てくると、すでに神経に細菌が感染しているケースが多いです。そのため神経を取り除く抜髄処置をしてから、根管治療で根の中をキレイに消毒します。

●神経が壊死して、噛んだ時に痛みがある場合
神経が壊死して細菌が根の先まで広がると、噛んだ時に痛みが出てきます。痛みを取り除くために、根管治療で根の中をキレイに消毒します。

●根の先に膿が溜まっている時
神経が死んだあと、根の先に膿の袋ができます。進行すると腫れや痛みが現れるので、根管治療で根の中の細菌を取り除いて消毒します。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております