なるべく削らない、抜かない、再治療の少ない治療

一般歯科

むし歯の治療をする前に、多くの方が「なるべく削って欲しくない」「どんなに悪くても、抜かないで治療して欲しい」とおっしゃいます。「歯」は一生使うものだから最後まで残しておきたい、という気持ちになるのは当然だと思います。当院のむし歯治療の治療方針は、今ある歯をなるべく残す、再治療の少ない治療です。

むし歯治療をしても元の状態に戻ったわけではありません。新しいむし歯ができると再治療になり、削る量がどんどん増えて、神経も取り除くことになります。初期治療をいかに確実に行うかで、予後が大きく変わってきます。今ある歯を最大限に残すためにも、当院ではなるべく削らない、再治療の少ない治療に取り組んでいます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております