MI治療でリスクの少ないインプラント

当院では、安全・安心なインプラントを提供するために、MI治療(ミニマムインターべ―ション)によるインプラント治療に取り組んでいます。MI治療とは歯や骨、歯肉へのダメージや、傷や腫れの少ない治療のこと。手術が大がかりになると身体への負担が大きくなります。こうしたリスクを避けるために、術前の口腔内管理や様々な角度からの診断で、安全・安心・確実なインプラント治療を実現します。

インプラント治療のリスクを避けるために、歯を失った原因や歯周病リスクについてきちんと説明をし、十分に理解していただいてからお話を進めていきます。必要に応じて歯周病治療や細菌検査を行い、口腔内の環境が整ってから手術に進みます。

ガイドを使った手術インプラント
ガイドはと、正確にインプラントを埋入するためのマウスピース型の補助器具で、手術中に装着して使用します。マウスピースにはインプラント埋入位置に穴が開いているので、それを目安にすると正しい位置に埋入できます。当院では診断の結果、ガイドが必要と判断した場合に使用します。

完全個室のオペ室での手術へインプラント
大学病院の手術室でも導入しているLED無影灯を備えた個室のオペ室で手術を行います。ユニットは長時間の手術でも疲れにくい、人間工学に基づいた「SINIUSユニット」を設置。高性能なHEPAフィルターを介したクリーンシステムにより、感染リスクを軽減します。全身状態のモニタリングしながら手術をするので安全・安心です。必要とされる患者さまには静脈内鎮静法を行います。

CT検査インプラント
インプラント治療を検討している方には、基本的にCT検査を受けていただきます。当院で導入しているCTは、ドイツ・シロナ社の最先端歯科用CTです。被ばく量も少なく、全顎を一度に撮影できるので歯や顎の奥行や位置関係、骨の状態などが正確に把握できるので精密な診断が可能です。また解析ソフトにより3次元シミュレーションができ、手術の安全性が高まります。

歯周病の改善インプラント
歯周病を改善せずにインプラントを入れると、インプラント歯周炎等のトラブルを率い起こす恐れがあります。当院では、歯周病リスクの高い方は歯周病治療を行って歯肉を改善します。症状が落ち着いた段階で唾液と舌の粘膜を検査し、歯周病菌等の細菌を調べ、口腔内環境を改善してからインプラント治療に進みます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております