インプラント治療の流れ

1.診断、治療計画インプラント治療の流れ
問診やCT・レントゲン・口腔内写真撮影・診断用模型・細菌検査などによって診断を行い、インプラントをどこに何本埋め込むかなどの治療計画を立てます。その際に、むし歯や歯周病があればそれを治療します。インプラントを埋め込むためのあごの骨の量が足りない場合は、骨移植などを行う必要もあります。

次へ
2.インプラント埋入(一次手術)インプラント治療の流れ
インプラントを埋める部分の歯肉を開き、あごの骨にインプラントを埋め込み、歯肉を閉じて縫います。一次手術終了後、インプラントが骨の中でしっかりと結合されるまでの治癒期間を設けます。治癒期間は個人差がありますが、通常2~6か月です。

次へ
3.人工歯を装着する為の準備(二次手術)インプラント治療の流れ
歯肉を小さく切開し、埋まっているインプラントの頭部を露出させ、人工の歯を接続するための土台を取り付けます。歯肉が治るまでに1~4週間程度かかります。

次へ
4.人工歯の装着(治療完了)インプラント治療の流れ
人工歯をインプラントに取り付けます。治療後は定期的に検査とメンテナンスを行います。インプラントを長持ちさせるためにも、定期的なメンテナンスは重要です。

学会報告(2016年)についてはこちら
HDCインプラント外来の詳細はこちら

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております