歯周病と全身疾患の関係

近年、歯周病と全身疾患の関係が明らかになり、医療関係者の間でも歯周病治療の重要性を再認識するようになりました。歯周病菌に感染すると細菌が血液とともに全身に回り、糖尿病や心臓病などを引き起こすといわれています。

●糖尿病
糖尿病の人は血糖値を上手にコントロールできないため、歯周病になると悪化しやすくなります。また歯周病から糖尿病になるケースもあります。

●心臓病
重度の歯周病になると血管の中で血栓ができやすくなり、動脈硬化や心筋梗塞・狭心症等を誘発しやすくなります。

●肺炎
歯周病菌が肺に感染すると、肺炎のリスクが高くなります。

●低体重児出産・早産
妊娠中に歯周病になると胎児の成長に悪い影響を与え、早産や低体重児出産になりやすいといわれています。

糖尿病と歯周病の関係について
歯周病と全身疾患の関係の中でも、特に糖尿病との相互関係がもっとも深いと言われています。糖尿病の方とそうでない方との歯周病発症率は約2倍と言われ、逆に歯周病があると血糖コントロールが難しくなり、糖尿病を悪化させてしまいます。
糖尿病と歯周病については以下のような関係性が挙げられます。

●お口の中の乾き
糖尿病になると体の水分を体外に排出しようとする動きが活発になるため、細胞が脱水状態になります。すると唾液の分泌量も減り、お口の中が乾きやすくなるので、歯周病菌が繁殖しやすくなります。

●全身の抵抗力の低下
糖尿病の高血糖状態になると細菌を攻撃する白血球の働きが低下し、感染症に掛かりやすくなります。感染症の一つでもある歯周病も起こりやすくなると考えられています。

●脂肪細胞が炎症作用を引き起こす
肥満の方が糖尿病になるケースが多いと言われていますが、蓄積された脂肪細胞は実は組織に炎症を起こす作用を持つ物質が作られていることがわかっています。これが歯周組織に悪影響を及ぼし、歯周病を悪化させることがあります。

●食後高血糖
歯周病が進行すると硬い物が食べられなくなり、軟らかいものばかり食べたりよく咬まずに飲み込んでしまいがちです。すると食後高血糖を起こしやすくなり、糖尿病への悪影響も否めません。

他にもエネルギー不足血管の障害など、様々な関係性があり、糖尿病の方は歯周病が重篤化しやすい状況にあります。生活習慣を見直し、適切な治療を受けることで糖尿病・歯周病の進行を食い止めることが大切です。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております