担当歯科衛生士と二人三脚で取り組む歯周病治療

歯周病治療

お口の環境は年齢とともに変化し、歯周病にもかかりやすくなります。歯周病は日本人が歯を失うトップの口腔内疾患といわれ、成人の80%がこの病気に感染しています。歯の先進国といわれるスウェーデンでもかつて歯周病で歯を失う人が多く、深刻な社会問題となっていました。その後、国をあげて歯周病対策に取り組んできた結果、現在歯周病にかかっている人は国民の20%です。

当院の歯周病治療の基本はプラークコントロールです。担当歯科衛生士がお口の状態に合わせながら徹底したプラークコントロールを行い、患者さまと二人三脚で歯周病治療に取り組みます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております