口腔がんの診断

口腔がんは、お口の中にできるがんの総称で、舌がんや歯肉がんなどがあります。治療中に口腔がんの所見を発見した場合は、患部の粘膜を採取して病理に出して細胞診を行います。がん細胞は正常な細胞と形が異なり、顕微鏡でみるとがんになっているかどうかが判断できます。がん細胞が認められて精密検査が必要な場合は、連携大学病院に紹介いたします。当院では、東京医科歯科大学、昭和大学、日本歯科大学、川崎市立多摩病院など、複数の大学病院と連携を取っています。病態や患者さまのご要望に合わせて病院をご紹介します。

病理検査まで行うかかりつけの歯科医院はそれほど多くないと思います。当院はかかりつけ医の責任と考えて、病理検査まで行っています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております