「親知らず」は残しておくと他の歯にダメージを与える!?

親知らず親知らずは根の生え方のバリエーションが多く、残しておくと周囲の歯や骨にダメージを与えることがあります。残していても問題がないケースもありますが、基本的には抜歯をおすすめしています。親知らずは顎の一番奥に生えているので器具が届きにくく、神経と血管が通っている下顎管の近くにあり抜歯が困難ですが、経験豊富な口腔外科の担当医が抜歯しますので、痛みや腫れがほとんどありません。

親知らずの抜歯をすすめる理由
抜歯をする前に根の状態をCTで確認します。正確に診断した後、残しておくことのメリット・デメリットをきちんと説明し、納得していただいた上で抜歯をいたします。

●むし歯になりやすい
歯列の最後方にあり歯ブラシが当たりにくいので、親知らずや隣の歯がむし歯ができやすくなります。また口腔内の衛生環境が悪くなるので、周囲の歯肉が腫れたり炎症を起こしやすくなります。

●不正歯列や顎関節症になりやすい
前の歯を押すようにして生えてくるので歯並びが悪くなり、隣の歯の歯根吸収を起こすことがあります。また、反対側の顎の歯とぶつかって咬み込むと下顎にズレが起きて、顎関節症を引き起こすことがあります。

●反対側の親知らずが伸びてきて咬み合わせが狂う
歯を咬み合わせた時に反対側の顎の親知らずがない場合、残しておくことで親知らずが伸びてきて、咬み合わせが乱れる原因になります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております