各分野のエキスパートが連携する総合的な歯科医療

院長あいさつ当院の強みは、各分野の指導医・専門医・認定医が揃い、専門性の高い治療が提供できることです。院長/髙橋璋(たかはしあきら)は日本口腔インプラント学会専門医の資格を持ち、現在、同学会の理事を務めています。国内はもとより、アメリカの学会で講師を務める等、インプラント治療の普及と指導に力を注いできました。「HDCインプラント外来」では院長自らが執刀。またCT診断は、放射線指導医と相互に行うことで、安全・確実な、世界レベルのインプラント治療を提供します。

院長略歴はこちら
学会報告(2016年)についてはこちら
放射線指導医略歴はこちら

大学病院での経験を生かした審美治療&口腔外科院長あいさつ
副院長の髙橋章太郎(たかはししょうたろう)は、日本アンチエイジング歯科学会認定医の資格を持ち、大学病院での口腔外科の経験が豊富です。「審美アンチエイジング外来」の担当医として、「審美面・機能面・健康面」を柱に据え、お口全体を考えた「再治療のない治療」に力を入れています。また「口腔疾患外来」では大学病院時代の経験を生かして、親知らずの抜歯や顎関節症の治療はもちろん、歯根切除や粘液嚢胞等の外科的な処置や小手術まで院内で対応。口腔がん等の所見があれば、細胞診でがん細胞を確認した上で大学病院に紹介しています。

副院長略歴はこちら

小児歯科・矯正治療専門による専門的な治療院長あいさつ
小児歯科と矯正治療を専門に担当する歯科医師がそれぞれ在籍しています。初めてのお子さまは診察室に入ってもその場の雰囲気に馴染めずに、不安になったり怖がったりすることがあります。小児担当のドクターは明るい雰囲気づくりを心がけて、安心できる環境を作りながら治療を進めていきます。嫌がる子には無理強いをしませんので、お母さまも安心して見守って頂けると思います。

矯正治療も月に一度、矯正担当医が大学病院から来院して診療しますので、当院にいながら専門性の高い矯正が受けられます。

小児歯科担当医略歴はこちら
矯正歯科担当医略歴はこちら

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております